食いしん坊貧乏システムエンジニアこうちゃんの送る 日々開拓してきたり、情報収集してきた、数々の地域別B級グルメ情報の紹介です。

いももち・いもだんご

こんばんは、こうちゃんです。

じゃがいもを使ったおいしい軽食、おやつになる、
いももちのご紹介です。



いももち(芋餅)は、北海道、和歌山県、高知県及び岐阜県の郷土料理。ただし、同じ名前でも使用する芋の種類や製法が異なる。

北海道では、「いももち(いも餅)」。別名「いもだんご(いも団子)」とも呼ばれる。明確な区切りは無いが、焼いたもの(味付けしたもの)を「もち」。汁に入ったもの(味付けしていないもの)を「だんご」とも呼ばれる。

皮をむいて火を通した(茹で・蒸す)ジャガイモを潰し、これにジャガイモ澱粉、又は片栗粉を加えてよく練り上げ、小さな丸餅や団子状に整形し、餅と同様に焦げ目が付くまで焼きあげる。甘辛く味付けした醤油やバター・砂糖などを付けて食する。

じゃがいもがおいしい、かつ豊富な北海道ならではのB級グルメで、
お店でのおつまみから、家庭でのおやつなどの軽食まで、
幅広くお役立ちなおいしいグルメです。

また、そんないももちやいもだんごを、

北海道で人気のご当地グルメいももち(芋餅)

でもご紹介しておりますので、よろしければご覧になってみてください。



こうちゃん

しもつかれ

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、主に栃木県方面の、
北関東のお惣菜、

しもつかれ、についてご紹介します(ちょっと意味合いからB級グルメではないかもですが)。

しもつかれとは

北関東地方(主に栃木県方面。群馬県・茨城県方面なども)に分布する伝統の郷土料理で、初午の日に作り赤飯と共に稲荷神社に供える行事食。鮭の頭と野菜の切り屑など残り物を大根おろしと混ぜた料理である。地域によりしもつかり、しみつかり、しみつかれ、すみつかれ、すみつかりとも呼ぶ。

独特な味や香りとその外見から、好き嫌いが激しく分かれる。

「しもつかれを7軒食べ歩くと病気にならない」「なるべく多くの家のしもつかれを食べると無病息災だ」など、しもつかれには様々な俗言が伝えられ、現在でも重箱に入れて隣近所でやりとりする風習がある地域もある。

家庭料理であるしもつかれは主に母方家系で伝承される傾向があるため、その家庭ごとに特徴的な味がある。各家庭によって味や製法、材料が異なり、同じ「しもつかれ」と言う料理でも複数の家のものを食べ比べることでまったく異なった味に出会うこともある。このため、同郷者でも他家の製法のものを難なく食べることが可能かは人それぞれの味覚によるところが大きい。

近年は地元のスーパーマーケットで既製品が市販されている。

栃木県では学校給食のメニューになっている地域もある。

とされ
徐々にメジャーなお惣菜として広まっているようです。

とはいえ、まだ南関東では、
その名を聞くことも少なく、B級グルメというより、
まだ郷土料理の一種のようですね。



こうちゃん

北海道の名物郷土料理ちゃんちゃん焼き

こんばんは、こうちゃんです。

北海道の郷土料理にして、調理法としては全国にも広まり、
家庭でも楽しまれている名物料理、ちゃんちゃん焼きです。



まずは定義からですが、

ちゃんちゃん焼き(ちゃんちゃんやき)は鮭などの魚と野菜を焼いて味噌などで調味した日本の郷土料理。北海道の漁師町の名物料理である。

ちゃんちゃん焼きは、2007年に農林水産省の主催で選定された農山漁村の郷土料理百選において、ジンギスカン、石狩鍋と共に、北海道を代表する郷土料理として選出されている。

一般的には、鮭をメインの食材にすることがほとんどだが、ニジマスなど他の魚を使うこともある。その他の具材としては、玉葱や長葱、キャベツ、モヤシ、ピーマン、人参などの野菜を用いる。

またカラフトマスやサクラマスは小型の鉄板のみならずホットプレートでも調理しやすい手ごろなサイズであり、食味や食感がこの料理に合うために特に漁業の盛んな沿岸部等で古くから好んで利用されてきた。

元は漁師料理でありながら、最近ではその調理法で家庭でも楽しまれ、
鮭の他に、各種魚やホタテやイカなどの魚介を使うことや、
場合によっては牛肉などで、味噌仕立てで焼いてちゃんちゃん焼きとするアレンジ料理もあります。

ちょっと濃いめなくらいに味噌で味付けますと大変に箸が進み、
ごはんのおかずにでも、お酒のおつまみにでも最高です。



こうちゃん

オホーツク北見塩やきそば

こんばんは、こうちゃんです。

B級グルメと言えば多くの地域で誕生し、外せないジャンルの焼きそば、です。

こちら、数々のグルメでにぎわう北海道にもおいしい焼きそばのB級グルメが生まれています。



オホーツク北見塩やきそば(オホーツクきたみしおやきそば)は、北海道北見市で提供されている焼きそば料理である。
「オホーツク北見塩やきそば」の定義・ルール8ケ条と消費者満足度を高める3ケ条が制定されている。

定義・ルール8ケ条は、以下の通り。

第1条 道内産の小麦を主原料とした麺を使用する
第2条 オホーツク海産のホタテを使用する
第3条 生産量日本一の北見タマネギを使用する
第4条 味付けはソースではなく塩とする
第5条 皿ではなく、鉄板で提供する
第6条 協議会指定の道産割り箸を使用する
第7条 できるだけ北見にこだわったスープをつける
第8条 シズル感を演出するために魔法の水を用意する
消費者満足度を高める3ケ条は、以下の通り。

第1条 味、食材は地元にこだわり、「オホーツク・北見」を感じられるものを提供する
第2条 笑顔のサービスに努めるとともに、提供店同士の連携を大事にする
第3条 トッピングや演出に工夫を凝らし、オリジナリティーを追求する

オホーツク北見塩やきそばの味を再現したソースが、オホーツク北見塩やきそば推進協議会とブルドックソースにより共同開発され、北海道限定で発売されている。

カップ焼きそば「日清北の焼そば オホーツク北見塩焼きそば」がオホーツク北見塩やきそば推進協議会と日清食品により共同開発され、北海道限定で2010年8月から発売される。北見地区産のタマネギと、店舗と同じソースを使用している。同年9月からは「日清 オホーツク北見塩やきそば」として全国発売。
ソース、蒸し麺、ホタテフレーク、タマネギ、オニオンスープ、割り箸をセットにした商品(北味グルメセット)が通信販売されている。

2017年夏には、網走市内を含む地元飲食店でつくるオホーツク干貝柱塩ラーメン協議会が開発した「オホーツク干貝柱あんかけ焼きそば」の提供が始まった。7月開催の「新・ご当地グルメグランプリ北海道 in 南富良野」で準グランプリとなった。

こだわりにこだわった北の大地の味覚の詰まったおいしい焼きそばですので、北海道では人気の焼きそばで、
また上記のようにカップ焼きそばでも全国登場したおかげで、徐々に知名度・人気も上がってきています。

遠方でなかなか機会がなければまずはカップめんなどで味見、気に入ったらできれば現地で本場の味をぜひお楽しみください。



こうちゃん

豆腐ラーメン

こんばんは、こうちゃんです。

今回は埼玉県の地域密着麺料理で、
ご当地ラーメンとしても、B級グルメとしても愛されている、
豆腐ラーメンのご紹介を。
 


豆腐ラーメンとは、

1970年(昭和45年)に賄い食から広がり「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」でさいたま市代表として出場し優勝した事もある麺料理です。
あっさり鶏がら醤油ラーメンが基本ですが、その上に醤油ベースの絹豆腐と挽肉の餡がたっぷりかかった麺料理、
見た目は麻婆ラーメンに似ているが、ほとんど豆腐あんには辛みを含ませないものです。

~ 歴史 ~
1970年(昭和45年)、埼玉県岩槻市(当時)の岩槻公園(現・岩槻城址公園)内にある岩槻市立福祉会館(現・さいたま市民会館いわつき)内の
『レストラン大手門』で当時コックとしてここに勤めていた高木利三(現在は、さいたま市桜区にある『トーフラーメン幸楊』の店主)が、
当時の社長らに賄いとして豆腐を使いラーメンに合った味で作ったのが豆腐ラーメンとされています。
その後、メニューに加わり、豆腐ラーメンが人気になり当時の岩槻市内の様々な店で出される程に。

インパクトはないが長年老若男女に愛されて、2008年(平成20年)の第2回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦で初出場で優勝しその名が広まりました。

埼玉B級ご当地グルメ王
第2回大会優勝
第3回大会準優勝
第4回大会優勝
と埼玉内では、B級グルメとして、かなりの地位を築いているようです。

ある程度広く味わえますので、埼玉に遊び行った際にはぜひ一度ご賞味ください。



こうちゃん

山梨県 鳥もつ煮

こんばんは、 こうちゃんです。

今回は、山梨県のB級グルメからで、

甲府鳥もつ煮



同県内では、単に鳥もつ煮とも呼ばれ、山梨県で食べられている、ニワトリのモツを砂糖と醤油で照り煮し、町おこしを目的とした地元の料理です。
名前は煮込みですが、もつ煮込ではなく、甘辛く味付けし照りが出るまで煮詰めたものであり、山梨県の「B級ご当地グルメ」のひとつに分類されています。
同県内で「鳥もつ煮」と呼ばれているが、町おこしのために同県甲府市の名を採って「甲府鳥もつ煮」と呼ぶ事が始まったということです。
割と全国で有名なB級グルメです。

ちょっと濃厚な甘辛味付けがクセになりやすく、おつまみでもごはんのおかずにでも最高です。



こうちゃん

みんな大好きソースカツ丼

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、誰もが知る豚肉のおいしい丼物、カツ丼の一種で、
特に長野県駒ヶ根市で名物になったりしている(他にも各地で郷土料理的に)
ソースカツ丼のご紹介。

ソースカツ丼とは

まずは、定義的なものから、定番、wikipedia先生より

ウスターソース(とんかつソースに代表される濃厚ソースを含む)で味付けするスタイルのカツ丼で、「ソースカツ丼」と呼ばれる。
味付け方法は複数の様式があり、上からソースをかけるもの、ソースを入れた容器にカツを漬けるもの、ソースで煮込むものなどがあり、店舗によっても異なる。豚カツの付け合せとして一般的な千切りキャベツを取り入れて、千切りキャベツを敷いた丼飯の上にトンカツを盛り付ける様式の地域や店もある。
福井県、山梨県甲府市などの地域では、単に「カツ丼」と呼ぶとソースカツ丼を指しており、卵とじのカツ丼は「卵カツ丼」「上カツ丼」「煮カツ丼」などと呼び別の料理とされている。
記録として残されている限りにおいては、早稲田大学向かいの鶴巻町にあった洋食店「ヨーロッパ軒」の初代・高畠増太郎が1913年に東京の料理発表会で披露し、同年より提供を開始したというものが最古である。これ以外に「大正10(1922)年2月、早稲田高等学院の学生・中西敬二郎さんが考案した、というのが定説である」という記述もみられるが、時系列的に10年近い隔たりがあるため、これを元祖とするには無理がある。豚カツをウスターソースで味付けする事は日本全国で一般的であり、これを丼飯に載せて「カツ丼」とする店は各地に点在している。「誕生のきっかけ」とされるエピソードに明確な資料も少ないため、複数の地域が発祥を主張し、長野県駒ケ根市と伊那市のように市長すらも加わった論戦に発展する事例もある。
他にも埼玉県小鹿野町(豚カツの形状から「わらじかつ(丼)」と呼ばれている)、群馬県桐生市、群馬県前橋市、長野県駒ヶ根市、岩手県一関市、福島県会津若松市、山梨県甲府市などが、それぞれ独自の発祥を主張している。



バリエーション豊か

このように、ソースカツ丼としては、卵でトンカツをとじるタイプに対して、なんらかのソースをかけたとんかつをご飯に乗せた丼物の総称ではありますが、かなりそのバリエーション、アレンジの種類は多いことがよくわかります。
かけるソースもとんかつソースの場合もあれば、ウスターソースの場合もありますし、ソースはカツ丼になった状態にかけるものもあれば、丼にする前に、カツをソースに漬け込む、という手法をとる場合もあります。
さらに言うならば、地域によっては、そもそもソースかけカツ丼こそが普通でカツ丼と呼称され、卵とじのカツ丼が珍しくて別の名前になっている例すらあります。

このように、ソースカツ丼は、カツ丼のひとつのバリエーションでB級グルメ的なものではありますが、さらにその中には、名前こそ同じでも、多様なソースカツ丼が含まれています。
ぜひ、こうしたソースカツ丼の盛んな地域に行かれることがありましたら、その地域ならではの味を召し上がってみてください。

↓ソースカツ丼例

こうちゃん